各種オーディション(雑誌・役者・声優)

声優オーディション

投稿日:

声優オーディションの受け方・流れ

声優オーディションは誰でも受けられるわけではなく、事務所に所属して権利を獲得する必要があります。
一般に募集するオーディションは例外ですが、プロが受けるオーディションにはこのような条件が存在します。

声優オーディションのファーストステップ

養成所に入所するのが第一ステップで、次に基礎を身につけて実力を認めてもらうことになります。必要最低限の技術が身につくと、研修生や仮所属といった形で、事務所に準所属する結果に至ります。これが声優オーディションを受ける為の基本的な条件で、ようやくスタートラインに立てることを意味します。

ただ、準所属だから直ぐオーディションが受けられるとは限りませんし、実力が伴わなければ何時までも準所属の扱いです。声優は事務所の看板を背負ってオーディションに臨むので、それなりの実力が証明できなければ、チャンスを掴むことすらままならないといえるでしょう。実力を見てみたいと思われる人なら、何かの切っ掛けで声が掛かってチャンスがやってきます。準所属でチャンスが巡ってきたり、正所属に昇格することができた場合は、いよいよ受け方や流れを気にするステップに進みます。役に合いそうな声優が事務所に求められるときは、事務所を通して該当する声優に声が掛かります。

自分の個性を活かした書類づくり

書類審査は人柄を判断する最初の審査なので、魅力をアピールできる書類の作成が必要不可欠です。本番に呼ばれた人は、書類審査には合格していますから、少なくとも自己アピールが認められているのは確かです。

オーディション本番では演技力だけでなく、演じるキャラクターを考えた声質であったり、必要最低限のコミュニケーション能力も問われます。
また、社会人としての挨拶なども評価に加わりますから、ハキハキとした受け答えに気を付けることも大切です。

本番審査は、やる気と自信をアピール

作品に関係する審査員達の前に立って、渡された台本の指定されたセリフを演技することになります。要求があればその場で指示されますから、指示の内容に従って演技を工夫したり、役に合うように寄せて行きましょう。全ての参加者の演技を確認し終えた時点で、役に最も合う声優が一人だけ選ばれますから、参加者数が多いほどハードルも高いです。

仮にオーディションを受けた役が合格しなくても、他の役の演技を見てもらえるチャンスや、他の作品で声が掛る可能性もないとはいえないです。
やる気や自信が揺らいでいると、審査員はそこを見抜いてふるいに掛けてくるので、常に自信を持って最後まで全力を出し切ることが重要です。

声優オーディションのコツ(男性編)

男性の声優オーディションは、自分の強みを活かした演技が必要となります。

身だしなみは最低限整えよう

声優一筋で人生を掛けて頑張っている人でも、無精髭やボサボサの髪型は論外です。活躍している男性声優は、皆おしゃれで格好が良いイメージですが、無精髭を生やしている人はいないでしょう。外見にも気を使ってこそ社会人として認めてもらえるわけですし、最小限の信頼が獲得できるに至るわけです。

ただおしゃれといってもやり過ぎは禁物で、派手なら何でも良いと勘違いしないことが基本です。スタイリストが行うようなおしゃれは、声優としての実績が積み重なれば自然と必要になってくるので、その時までは常識的な身だしなみに気を付ければ十分です。過剰な香水や場違いな洋服選びは、目的を履き違えていると誤解されてしまうポイントです。折角のチャンスが水の泡になりかねませんから、清潔感のある格好を念頭において、必要十分な身だしなみを整えることをおすすめします。

また、不必要に女性声優に声を掛けたり、相手が迷惑と感じるような言動をすると、つまみ出される恐れもあるので要注意です。場の雰囲気を乱すような振る舞いは、特にこの業界が狭く人間関係が決まってくる声優業界では嫌われます。新人なら新人らしく、オーディションの本番以外では控えめを心掛けて、本番で一気に本気を出すのが理想的です。勿論、話し掛けられても無視をする必要はありませんし、周りの参加者や審査員に対しては挨拶を行いたいところです。

自分の方向性を決めて、演技力を高めよう

一方で男性声優は声質や音域が限られてしまうので、自らの方向性を決めて技術を磨いたり、役の獲得に向けてオーディションに取り組む必要があります。低い声ばかりが求められるとも限りませんから、出せる音域の中で柔軟に演技力を高めるのがおすすめです。無理に声を潰してしまうと、役柄の幅が狭まったりオーディションのチャンス自体が減るので、必要でない限りは元の声の維持に努めるのが良いでしょう。だみ声が評価されている人なら良いですが、タバコやお酒は喉の調子を悪くする要因ですから、なるべく減らしたり控えることが必要です。

自身の声に合う役が見付からなかったり、自信を損ないそうになっている場合は、声質が近い声優を探して出演作に耳を傾けると役立ちます。同じような声質は参考になりますし、目標にできたり自信を与えてくれる存在にもなり得ますから、オーディションの本番前に聞いておくとプラスに働きます。

前日は早めに眠って体調を整え、予定よりも早く外出して現場に到着するように心掛けるのが、チャンスを掴み活躍の場を広げる為の基本であってコツです。

声優オーディションのコツ(女性編)

女性の声優オーディションは、身だしなみだけでなく、声質に合わせた個性を磨くところから始まります。

声優イベントでの格好を参考に

女性声優も男性と同じく身だしなみが重要で、派手な化粧や服装は評価に関わってきますから、評価に影響しない格好を心掛けましょう。匂いを改善するつもりでの香水や、不必要と思われるアクセサリーも評価を下げてしまう要因です。オーディションは声と演技を確認するのが目的ですが、外見にばかり気を使い過ぎてしまうと、審査員達はそちらの方に目が奪われがちになります。
演技を披露して見てもらうつもりが、ファッションショーになるのは本末転倒ですから、そこを履き違えないように気を付けることが求められます。

服装を決めるヒントとなるのは、顔出しをしてファンとの交流を行うような声優のイベントでの格好です。声優は、何時写真を撮られたり取材を受けるかも分からないので、何時でも人前に立てるような格好をしているものです。オーディションの場では、これを少し控えめにしたイメージの服装を選ぶのがポイントとなります。社会人にふさわしい、清潔感と明るさを感じさせるファッションであれば、必要十分だと判断することができます。

自分にしかできないような声質とトレーニング

女性声優は、声に特徴がないと似通ってしまう傾向があるので、声質に個性を見付けて磨いていく必要があるでしょう。声優は声が武器ですし、強みがなければ簡単に埋もれてしまいますから、早く個性を発見して武器を磨くことが大切です。

しかし誰もが自身の強みに気が付けるとは限らないので、そういった人は演技力重視で役柄の幅を広げる努力が問われます。声に癖があり過ぎても役の幅を狭めてしまいますから、声質に個性があってもなくても、柔軟性を高めて演技の幅を拡大するのが活躍する為のコツです。

オーディション前は喉の保湿でコンディションを整えておき、体が冷えないように厚着を心掛けると安心です。
女性は冷え性気味の人が多いですから、いかに体を温めて実力を発揮するかが焦点になります。
仕事やトレーニング以外で喉を酷使することは避けて、集中すべきオーディションに全力を注ぐことが肝心です。体力勝負の世界でもありますから、バランスの良い十分な食事を心掛け、運動で筋力や持久力を身につけておくのも有効です。事前にオーディションを受ける役柄についての情報を集め、映像作品から声や演技のヒントを得たり、イメージトレーニングで特徴を掴むと役立ちます。

代表的な女性声優は歌や踊りでも華々しく活躍していますが、新人は演技一本に集中してオーディションに臨み、まずは一つの役を獲得することが目標となります。

-各種オーディション(雑誌・役者・声優)

Copyright© オーディション情報 | 芸デビ-全国から芸能界デビュー! , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.